スキップしてメイン コンテンツに移動

【女性のワイドスクワット】内転筋群に効果的で内もも引き締めに最適な筋トレ

ワイドスクワットは内ももの筋肉である内転筋群に効果が高く、内もも引き締めダイエットの運動としても最適な筋トレ方法です。そのやり方を動画をまじえて解説します。

■ワイドスクワットのやり方とポイント

こちらが、模範的なワイドスクワットの動画です。脚を大きく開くとともに、つま先は外側に開いて構えます。つま先より前に膝が出ないように気をつけながら、また、つま先の方向に膝を曲げながらしゃがんでいきます。

背すじを伸ばし、やや上を見ながら立ち上がることで正しいフォームになります。

こちらは違うアングルからの動画になります。相撲のスタイルに似ていることから、海外ではスモウスクワットと呼ばれたりもしますが、基本的に同じ種目です。

また、体力があり自重だけでは強度が足らないという方は、こちらの動画のようにダンベルを保持して行うことで、負荷を高めることができます。

なお、こちらの動画のようにエクササイズバンドを膝付近に巻いてワイドスクワットを行うことで、特に内転筋群への負荷を高めることもできます。

■ワイドスクワットが効果のある筋肉

ワイドスクワットは脚を横に閉じる(内転させる)作用のある内転筋群(大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋)に対して高い効果があります。

■ダイエット筋トレの負荷回数設定

女性のダイエット筋トレでは、筋肥大する速筋への刺激を避け、筋密度が上がるだけの遅筋を刺激するため、20回以上の反復で限界がくる負荷回数設定で行ってください。

(記事本文ここまで)
スポンサーリンク






女性のダイエット筋トレにおすすめの三大器具
▼バランスボール▼

Active Winnerバランスボール アンチバースト仕様

▼エクササイズバンド▼

Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

▼プッシュアップバー▼

Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

このブログの人気の投稿

【女性のダイエット自宅筋トレメニュー】確実に痩せる方法と一週間のプログラムの組み方

【女性の自重筋トレダイエット】自宅ですぐできる効果的な簡単メニューをご紹介

【女性のダイエットダンベル筋トレ】部位別の種目メニューと一週間のプログラムの組み方

【女性のダンベルプレス】正しいやり方とバストアップに効果的な種類・床での方法を解説

【女性のダンベルフライ】正しい方法・床でのやり方・バストアップに効果的なバリエーションを解説

【SlimBody TopPage】当サイト・スリムボディーのご案内とプライバシーポリシー

●プライバシーポリシー

【個人情報の管理について】
当サイトは、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には使用しません。また知り得た個人情報を第三者に開示することは、警察・裁判所など公的機関からの書面をもった請求以外に一切利用いたしません。当サイトに掲載されている広告について当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。


●免責事項
当サイト記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関する判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的・個人的感想を含みます。

●著作権情報など
※当サイトの画像類は、wikipediaおよびpixabayなどのフリー画像を使用しています。
※当サイトグッズ紹介には「楽天APS」を使用しています。
※当サイトコンテンツに含まれる文章について、無断での引用およびコピペリライトは固くお断りします。


●連絡先
btjkuga@yahoo.co.jp